読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイエンスメディアな日々   インフォグラフィクスな日々

サイエンスのこと・テクノロジーのこと・ビジュアリゼーションのこと

他人が代金を払ってくれるコーヒー・ショップ:A Story at Corner Perk Cafe

http://www.good.is/post/people-are-awesome-the-south-carolina-coffee-shop-where-everyone-pays-for-everyone-else-s-drinks?utm_campaign=daily_good2&utm_medium=email_daily_good2&utm_source=popular_post_link&utm_content=Artists%2C%20Musicians%2C%20and%20Designers%20to%20Transform%20NYC%27s%20Water%20Tanks%20
先日GOODで見つけたあるニュース記事が、深く心に残った。次のような内容の記事だ。

サウスカロライナ州ブラフトンにある、コーナー・パーク・カフェと言うコーヒーショップでの話。2年ほど前、ある女性客がレジで自分の支払いを済ませた後、百ドル札を渡して、こう言った。

「このお金を次のお客さんのために使って欲しいの。誰かがあなたに、素敵な一日を送ってほしいと思っている、って伝えて。」

オーナーのジョシュ・コークは、その女性の申し出を受け入れた。見知らぬ誰かが支払ってくれると知った客は、「コーヒーをおごってくれるって?いったい、どういうことだい?」と不思議がった。ジョシュは、こう説明するしかなかった。「30分前に来た客が、これで飲み代を払って欲しいってお金をおいていったんだ。」

この出来事は地元のニュースになり、人口1万2千人の小さな町中に広がった。そして、訪れる客が次々に、他の客のために支払うようになっていった。自分は何も注文せずに、ただお金をおいて立ち去る客さえいると言う。最初の女性もその後、二、三ヶ月に一度やってきて、「ペイ・フォーワード」を続けているそうだ。

この店のMサイズコーヒーは一杯1.95ドル。大きな額ではないが、厳しい経済の中、百万ドルの価値がある人もいるかもしれない。一杯の好意は、カフェイン以上に人々を元気にしてくれるだろう。

この小さな記事は、本当の豊かさとは何かを考えさせる。明確な答は見つからないが、少なくともこの記事が素敵だと感じる心があるうちに、僕も何かを実行したい。
一杯のコーヒーを飲みながらそう思ったことを、書き留めておきたい。

copyright(c) 2008-, Atsuhiko Yasuda All Rights Reserved.