読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイエンスメディアな日々   インフォグラフィクスな日々

サイエンスのこと・テクノロジーのこと・ビジュアリゼーションのこと

クアッドコプターで夜空にアートを描く:Spaxels Light Painting from Ars Electronica

f:id:yasuda0404:20140926201646p:plain

クアッドコプターを自在に操って、夜空に絵を描く。そんな技術的にも表現的にも最先端を行くアート・パフォーマンスを展開するクリエーター集団がある。チームの名前、そして彼らがあやつるクアッドコプターは、'Spaxels'と呼ばれている。

Spaxelsはプログラム可能なLEDシステムを搭載したクアッドコプターだ。編隊で飛行し、夜空に立体的な図形を描き出す。この表現を実現できるのは、今のところ、アルス・エレクトロニカのフューチャーラボだけだ。

 

Spaxelsチームによるパフォーマンスは、2012年から世界各地で行われている。たとえば次のようなものだ。

f:id:yasuda0404:20140927073922p:plain

SHARJAH 2014 / Islamic Capital of Culture Opening

 

f:id:yasuda0404:20140927072659j:plain

European Capital of Culture Opening, 2014

 

f:id:yasuda0404:20140927072823p:plain

Ars Electronica Opening, 2013

 

f:id:yasuda0404:20140927073235p:plain

Startreck Into the Darkness Promotion, 2013

 

 

中でも特に興味深いのが、長時間露光撮影と組み合わせたパフォーマンス。クアッドコプターの軌跡が、夜空に文字や図形を浮かび上がらせる。

 

Spaxelsという名称は、Space(空間)+Pixels(ピクセル=画素)から作られた。空間を3次元ディスプレイのように使いたいという発想から生まれたコンセプトだ。これを実現するために、クアッドコプターの編隊飛行を制御するソフトウェアやLEDシステムは独自に開発された。

f:id:yasuda0404:20140927075755j:plain

 

開発するのは、アルス・エレクトロニカ・フューチャーラボに拠点を置くクリエーター・チーム。3Dアニメーション、プログラミング、LED開発、そしてビジネスまで、さまざまな専門家が集まっている。 

f:id:yasuda0404:20140927074555j:plain

 

Spaxelsのターゲットはアートだけではない。たとえば、災害時の警報システムとして、あるいは、自転車レースやマラソンで選手に状況を伝えるために使えるだろう、とチームは考えている。

copyright(c) 2008-, Atsuhiko Yasuda All Rights Reserved.