読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイエンスメディアな日々   インフォグラフィクスな日々

サイエンスのこと・テクノロジーのこと・ビジュアリゼーションのこと

エリック・シュミットが語る「グーグルの働き方」〜 'How Google Works' by Eric Schmidt

Googleの元CEO、エリック・シュミットによる、"How Google Works (グーグルの働き方)"は、すべての「新しいことをやろうとしている人」に、示唆と勇気を与えてくれる素晴らしい指針だと思う。内容はもちろん、絵本のようなデザインもすばらしい。これもまた、「スマートクリエイティブ」をひきつけるカルチャーなんだろう。

 

少しでも多くの人に知ってほしいと思ったので、不遜ながら、エリック・シュミットSlideShareに公開しているプレゼン資料を日本語に訳してみた。(でも、「シェア」を尊重するグーグルのカルチャーなので、許してくれると思う。良いアイデアは自ら拡がる力を持っているのだ!)

なお、ニュアンスが伝わっていないところや、意味を正しくつかんでいないところもあるかもしれない。そういう箇所を見つけたら、コメントを「シェア」してくれるとうれしい。

そして、もっと深く理解したい人は、最近発売されたこちらの本を読むのがよいと思う。

 

----------------------------------------------------

グーグルの働き方

【出典:How Google Works

エリック・シュミット&ジョナサン・ローゼンバーグ with アラン・イーグル

f:id:yasuda0404:20141102190554p:plain

 

ジョナサンとエリックがグーグルにやってきた時、ビジネスを成功させる方法はすべてわかってる、って思ってた。

f:id:yasuda0404:20141102190555p:plain

 

でもすぐに、僕たちがビジネスのやり方について知ってると思っていたことは、ほとんどすべて間違ってることがわかったんだ。

f:id:yasuda0404:20141102190556p:plain

 

 

で、このインターネット時代に成功する会社をつくるために、新しいビジネスルールを見つけなければならなかった。

僕たちが学んだことを、今から話そうと思う。

f:id:yasuda0404:20141102190557p:plain

 

まず、エリックのお気に入りの、この質問から始めることにした。

「何が変わったの?」

f:id:yasuda0404:20141102190558p:plain

何が変わったの?

f:id:yasuda0404:20141102190559p:plain

 

何が変わったのだろう?

古くなった考え方はどれ?

どうしてあらゆるものが速くなったと感じるの?

f:id:yasuda0404:20141102190600p:plain

 

僕たちはこう考えている。

f:id:yasuda0404:20141102190601p:plain

 

テクノロジーは今、あらゆるビジネスを変えつつある。

- 世の中の情報やメディアはすべてネット上にある。

- モバイル機器さえあれば、いつでも、誰にでも、どこにでも、アクセスできる。

- クラウドのおかげで、ポケットの中にスーパーコンピュータをもてるようになった。

f:id:yasuda0404:20141102190602p:plain

 

その結果、長い間、新規参入者のじゃまをしていた壁がなくなり始めている。

あらゆるビジネスが、競争と淘汰にさらされるようになった。

f:id:yasuda0404:20141102190603p:plain

 

この変革は、かつてない速さでおき、しかも加速している。

ムーアの法則が、すごい勢いで進んでいるかのように。

f:id:yasuda0404:20141102190604p:plain

 

企業から消費者へのパワーシフトがおこり、要求はかつてないほど高くなっている。

安っぽい製品では、企業はもたない。少なくとも長くはね。たとえば、いくらうまくマーケティングをやっても、製品がだめだと評価されれば、すべて台無しになる。今は、よい製品を作ることが、勝つことなんだ。

f:id:yasuda0404:20141102190605p:plain

 

パワーシフトは企業の中でもおこっている。個人や小さなチームでも、大きなインパクトを与えられるようになった。新しいアイデアを試してみて、失敗して、また試す。そうしながら、彼らはグローバル・マーケットで成功している。

f:id:yasuda0404:20141102190606p:plain

 

とても大きなインパクトを与える力をもった人々を、僕たちはこう呼んでいる:

「スマートクリエイティブ」

f:id:yasuda0404:20141102190607p:plain

 

スマートクリエイティブとは、テクノロジーの知識、ビジネスの専門性、そしてクリエイティビティを組み合わせて、新しいものを生み出す人々だ。

最新のテクノロジーと十分な自由を彼らの手にわたせば、彼ら・彼女らは、「すごいことを、すごい速さで」やってのける。

f:id:yasuda0404:20141102190608p:plain

 

問題は、現在のほとんどの企業の経営は、リスクを最小にすることだけを考えていて、スピードを最大化しようとしていないことだ。

- 情報やデータは隠され、共有されていない。

- 経営計画は、失敗が高価で慎重が美徳だった時代のまま。

- 意思決定をおこなえるのは、一部の人々だけ。

f:id:yasuda0404:20141102190609p:plain

つまり、ほとんどの企業のしくみは、遅い。

f:id:yasuda0404:20141102190610p:plain

 

 

インターネットの時代、これではうまくいかない。

f:id:yasuda0404:20141102190611p:plain

 

では、どうすればいいのだろう?

f:id:yasuda0404:20141102190612p:plain

 

インターネット時代に成功するベンチャーを創る

f:id:yasuda0404:20141102190613p:plain

僕たちが学んだのは、ビジネスを持続的に成功させるたったひとつの方法は、スマートクリエイティブたちをひきつけ、彼ら・彼女らが存分に力を発揮できる環境を作ることしかない、ってことだ。

f:id:yasuda0404:20141102190614p:plain

 

でも、どうやって?

f:id:yasuda0404:20141102190615p:plain

まず最初は、スマートクリエイティブたちをひきつけること。

彼ら・彼女らは、簡単にはだまされないよ。

f:id:yasuda0404:20141102190616p:plain

 

まず必要なのは、カルチャーだ。

スマートクリエイティブたちが、働いている場所を気に入ることが大切なんだ。

f:id:yasuda0404:20141102190617p:plain

 

 

だから、早くからカルチャーについて考えておくのがいい。

グループが大切にしていることや、働き方や意思決定のやり方についてよく考える(そして、言葉であらわす)こと。

f:id:yasuda0404:20141102190618p:plain

 

そして、そのスローガンに忠実に、生きること。

f:id:yasuda0404:20141102190619p:plain

 

これは小さいチームの方がうまくいく。互いの接触をふやして、偶然の出会いを大切にするのがいい。

f:id:yasuda0404:20141102190620p:plain

 

大きなインパクトを与える人のまわりに、組織を作るんだ。

f:id:yasuda0404:20141102190621p:plain

 

次にいるのが、戦略だ。

新しいベンチャーのほとんどは、まずビジネスプランを作る。

でも、世の中はすごい速さで変化している。綿密な、MBAスタイルのビジネスプランでは、うまくいくはずがない。

f:id:yasuda0404:20141102190622p:plain

 

スマートクリエイティブたちはそれを知ってる。がちがちのビジネスプランが、自分たちの自由を奪うことを恐れているんだ。

f:id:yasuda0404:20141102190623p:plain

 

(ジョナサンがはじめてグーグルにやってきた時、最初の仕事のひとつとして、そんなプラン=計画を作った。ラリー・ペイジは、ジョナサンの計画を見てこういった。「くだらないな。」)

f:id:yasuda0404:20141102190624p:plain

 

計画をもとに事業を組み立てるんじゃない。

戦略的な理念をもとに組み立てるんだ。

計画を作ることはできる。でも、計画は変わると知っておくこと。たぶん、かなり変わるよ。

計画は流動的だけど、理念は安定している。

f:id:yasuda0404:20141102190625p:plain

 

良い理念には3つの柱がある。

- 他にない技術的な知見をもとに、より優れた製品を作ること

- 売上ではなく、成長を重視すること。

- 競争を知ること。でも、巻き込まれないこと。

f:id:yasuda0404:20141102190626p:plain

 

さあ、スマートクリエイティブたちを連れてこよう。

忘れちゃいけないのは、雇用はもっとも重要な仕事だ、ってこと。

f:id:yasuda0404:20141102190627p:plain

 

みんなそう言いながら、けっきょく雇用は採用担当者にまかせてしまう。

誰もが、そう誰もが、雇用に時間をかけるべきだよ。

f:id:yasuda0404:20141102190628p:plain

 

さて、これでスマートクリエイティブをひきつけ、雇うことができた。

次は、彼ら・彼女らに、その力を存分に発揮できる環境を与えることだ。

f:id:yasuda0404:20141102190629p:plain

 

 

そのためにはまず大切なのは、意思決定の方法だ。

正しい意思決定は、スマートクリエイティブたちに、新しいことをやれるって思わせる。

まずい意思決定は、そのスピリットを殺してしまう。

f:id:yasuda0404:20141102190630p:plain

 

先進的な会社はたいてい、コンセンサスを重視していると声高に言うよね。

でも、彼らはコンセンサスの意味を誤解している。

f:id:yasuda0404:20141102190631p:plain

 

 

コンセンサスは、すべての人が合意することではない。

コンセンサスは、すべての人の意見が共有され、「もっとも優れた」答にみんなが集まることだ。

f:id:yasuda0404:20141102190632p:plain

 

コミュニケーションは、意思決定とおなじくらい重要だ。

そして意思決定とおなじように、多くのリーダーが自信をもっている。

でも、ほとんどのリーダーはわかってない。

f:id:yasuda0404:20141102190633p:plain

 

コミュニケーションの基本は、オープンであること。

情報の流れの、速さと量を最大化すること。

f:id:yasuda0404:20141102190634p:plain

 

これをうまくやれば、ビジネスの「最高の境地」にたどりつけるかもしれない。

… イノベーションだ!

f:id:yasuda0404:20141102190635p:plain

 

覚えておいてほしい。CEO(最高経営責任者)はCIO(最高イノベーション責任者)でもあるべきなんだ。

イノベーションは、所有することも計画することもできない。できるのは、認めることだけ。

イノベーティブな人々に、イノベーティブであれ、と命じることはできない。でも、そうなるように、しむけることはできる。

f:id:yasuda0404:20141102190636p:plain

 

達成できない目標を設定すること。そうすれば、よい失敗をしてくれる。

f:id:yasuda0404:20141102190637p:plain

 

管理部門ではなく、開発現場の声を聞くこと。

技術者たちに、プレゼン資料ではなく、プロトタイプを作らせること。

f:id:yasuda0404:20141102190638p:plain

 

イデアはあらゆる場所から生まれる。

f:id:yasuda0404:20141102190639p:plain

 

これまで話したステップは、起業家だけのものではないし、ハイテク・ビジネスだけのものでもない。

機会はどこにでもある。

スマートクリエイティブはどこにでもいる。

そんな機会を追い求め、そんなスマートクリエイティブたちが集まるチームを作ろうとする野心的な人たちも、いたるところにいる。

f:id:yasuda0404:20141102190640p:plain

 

必要なのは、大きなイデアだけだ。

f:id:yasuda0404:20141102190641p:plain

 

自分自身に問うてみよう。5年後、どんなことが実現されるできるだろうか?

f:id:yasuda0404:20141102190642p:plain

想像できないことを想像しよう。

想像もできなかったことが現実になる、ってよくあることだよね。

f:id:yasuda0404:20141102190643p:plain

 

 

そして、未来にかけてみよう。

小さなかけより、大きなかけのほうが簡単、ってこともある。

f:id:yasuda0404:20141102190644p:plain

 

 

だって、それは最高の人たちをひきつけるのだから。

f:id:yasuda0404:20141102190645p:plain

 

さあ、準備はできたかい?

f:id:yasuda0404:20141102190646p:plain

 

www.howgoogleworks.net | #howGoogleworks

f:id:yasuda0404:20141102190647p:plain

----------------------------------------------------

 

 

copyright(c) 2008-, Atsuhiko Yasuda All Rights Reserved.