サイエンスメディアな日々   インフォグラフィクスな日々

サイエンスのこと・テクノロジーのこと・ビジュアリゼーションのこと

インフォグラフィクス

不審者情報マップ beta

自分が住んでいる地域や通勤や通学で通る場所が安全かどうかは、誰もが気になる。特に最近のように猟奇的な事件が続くと、どうしても日常生活への警戒心は増すものだ。しかし、やみくもに危険を煽るのは、良いことではない。まずはデータを見て、必要な時・…

給与の高い仕事・意味のある仕事・満足する仕事:The Most and Least Meaningful Jobs by PayScale

出典:Most and Least Meaningful Jobs Interactive Chart 給与や仕事に特化した米国の調査会社PayScaleは、22分野の454の職種について、給与と仕事の意義および満足度について調査し、インタラクティブなインフォグラフィクスにまとめた。チャートの横軸は…

米国コーヒーチェーン店の地勢図:Coffee place geography

以前、アメリカに住んでいた頃、近所に素敵なコーヒーショップがあった。家族で経営していると思われる小さな店舗の「売り」は手作りのワッフルで、日曜日の朝、ワッフルとコーヒーを買って道に面したオープンテラスでひとときを過ごすと、なんだか豊かな気…

古地図のデジタルデータをオープンソース化:Open Access Maps at NYPL

ニューヨーク公立図書館(New York Public Library: NYPL)が、所蔵する2万点を越えるの地図の高解像度デジタルデータをオンラインで公開する、と発表した。地図データはNYPLのDigital Collectionsページで閲覧できる。また、Map Warperのページから無料で…

民間航空100周年を記念するコンテンツ:In Flight by Guardian

民間航空会社、いわゆる「エアライン」が誕生して今年で100年。それを記念して、英ガーディアンがスペシャルコンテンツ"In flight: see the planes in the sky right now"を公開している。このコンテンツの目玉は、世界中の空を飛行中の航空機をリアルタイム…

5秒間の人生:Life in Five Seconds by H-57

ミラノに拠点を置くクリエイティブ、H-57の「ミニマリスト・ピクトグラム・フローチャート」は、単色のピクトグラムを使った「人生の縮図」。制作は2011年から行われているが、この度'Life in Five Seconds'となって出版された。ちょうど'Brain Pickings'に…

日々のDDoS攻撃を可視化する:The Digital Attack Map by Google

Googleが作成した"The Digital Attack Map"は、日々世界中で発生しているDDoS攻撃を可視化するコンテンツだ。DoSとは、"Denial of Service"の略語。大量のデータを送りつけて、サーバーや通信回線を正常に機能させなくしたり停止させてしまうような、いわゆ…

長生きと健康のトレードオフ:Global Burden of Disease Study

保健指標評価研究所(Institute for Health Metrics and Evaluation)による「疾病による負担の国際調査("Global Burden of Disease Study")」は、50カ国、302の機関の486名の研究者が5年をかけて、世界の健康と死亡について、かつてない大規模な調査を行…

宇宙機の大きさを比較する:Model spaceships

宇宙を探索、開拓するため、人類は様々なロケットや宇宙船を開発してきた。現在もいくつかの宇宙機が開発中だ。それぞれの機体は、ミッションを達成するために最適な大きさや形を持っている。そんな宇宙機の大きさとシルエットを比較したのが、上のインフォ…

幸福はお金で買えるか?:Money Buys Hapiness? by Jonathan Hull

「幸福はお金で買えるか?」人生の中で誰もが考えたことがある質問だと思う。デザイナー、ジョナサン・ハルも、その一人のようだ。ハルは、コロンビア大学の"World Hapiness Report"を元にして、各国の富と幸福度を比較するインフォグラフィクス、'Money Buy…

東京に吹く風を見る:Tokyo Wind Speed「東京風速」

オープン・データの時代へむかって様々なデータが公開され、それらを使ったアプリケーションや可視化コンテンツが現れ始めている。例えば、この「東京風速(Tokyo Wind Speed)」は、東京都環境局と国土交通省国土政策局が公開しているデータを使って、東京都…

国別の「もっともアクセスしているサイト」:Age of Internet Empires by Information Geographies

いつの間にか「インターネットを使わない日はない」と断言できるほど、インターネットは空気や水と同じような生活のインフラになった。中でも、インターネットでもっとも利用しているのは検索、そして最近はFacebookやTwitterなどのSNSであろう。しかし、実…

シリアを取り巻く情勢を理解する:The Middle East, explained in one (sort of terrifying) chart

シリアでの化学兵器の使用が引き金となり、アメリカなどによるシリア空爆の可能性が高まっている。「イラク後」の中東情勢に、また新たな混乱が加わらないことを願うばかりだ。今回の主役はシリアだが、元々中東の国々をめぐる関係は複雑だ。どの国とどの国…

Wikipediaの編集をリアルタイムに知る:Listen to Wikipedia

世界最大の「知の集積」、Wikipedia。人類初とも言えるこの集合知は、世界中の人の絶えまない貢献によって、拡大を続けている。Stephen LaPorte と Mahmoud Hashemiのプロジェクト'Listen to Wikipedia'は、Wikipediaに加えられた編集を、サウンドとビジュア…

インターネットの1秒間

現代生活は、インターネットに深く依存するようになった。インターネット上には、世界中の人々が発信する膨大な情報が、今この瞬間もアップロードされている。しかし、いったいどれくらいの情報がネット上に送信されているのだろうか?designly.comのインフ…

同心円による、地下鉄路線図のリデザイン

Max Roberts博士によるニューヨーク地下鉄路線図インフォグラフィクスの事例の中でも最も有名なもののひとつが、ハリー・ベックによるロンドン地下鉄路線図だ。水平・垂直と45度のラインのみ、等間隔に並べられた駅、テムズ川以外の地形をすべて削除、とい…

米国各地域の医療費を可視化する

米国の医療費は住む場所によって、大きな違いがある。下のバーチャートは、各疾患について、全米の各病院委託地域(Hospital Referral Region)の医療費と医療保険の負担額を表している。赤色または緑色のバーは患者が支払う医療費の範囲を示す。その地域の…

英語が母国語ではないアメリカ人たち

アメリカの公用語は、もちろん英語。しかし、移民の国・アメリカでは、英語以外で日常会話を行っている人々も多い。 ワシントン・ポストのインフォグラフィクス、"Mapping where English is not the language at home"は、少なくとも10人に1人が英語以外…

可視化なゲーム’Metrico'の詳細が明らかに!

「インフォグラフィックなゲーム」として、発売前から話題になっているSony PSVista用ゲーム'Metrico'。最近のPlaystationBlogで、この新しいゲームの詳細が見えてきた。ブログによると、Matricoの世界は、インフォグラフィクスの要素、例えば棒グラフや円グ…

14ドルのTシャツのコストはどう配分されているのか:What Does That $14 Shirt From Bangladesh Really Cost?

今、僕たちが目にしている商品には、素材、加工、流通、保険、販売など、様々な人々が関与している。その背後には複雑な経済システムがある。しかし、その基本は「価値を生み出した人に、それに応じた報酬が与えられる」ことのはずだ。ニューヨークにあるコ…

アシアナ航空214便に何があったのか: Aviation Safety Networkの分析

7月6日、サンフランシスコ国際空港で韓国アシアナ航空217便が着陸に失敗、2名が死亡、168名が重軽傷を負う惨事となった。その原因は現在調査中だが、着陸時に何らかの「異常」があったと伝えられている。米国で航空事故に関する情報公開を行っている独立組織…

世界中の飛行機の航路を可視化する

Contrailzが可視化するのは、世界の主要空港の周囲の航空機の航路。Planefinder.netから取得された、2012年10月一ヶ月間の約10億点のデータがプロットされている。各都市の航路を眺めると、それぞれ特徴がある。例えば、モスクワ上空のある範囲は航空機の空…

1億7千万のツイートを見る:A World of Tweets

A World of Tweetsは、世界で発信されるツイートをリアルタイムに可視化するサイトだ。サイトのトップに表示される世界地図は、世界のどこでどれくらいの数がツイートされているかをヒートマップで表示したものだ。北米やヨーロッパが多いのは予想どおりだが…

水のネットワークを知る:Maps of Rivers by Nelson Minar

水は、人間が生きていくために必要不可欠な物質だ。僕たち日本人にとって水の存在は当たり前すぎて、普段はほとんど意識しないが、水があるから僕たちは生きていられる。たまには水と、水を供給してくれる大自然に、目を向けてみるのも良いだろう。 上の図は…

2030年、もはや発展途上国は存在しない:River of Myths, Hans Rosling

世界でもっとも有名な統計学者、ハンス・ロスリング。世界の公衆衛生を分析する内容が面白いだけでなく、個性的で迫力ある喋り方とアニメーションを活用したプレゼンテーションは、可視化や情報理解の分野でもトップランナーのひとりだ。 そのロスリングが、…

エベレストでの死亡原因:Deaths on Mount Everest

先日、三浦雄一郎さんが三度目のエベレストの登頂に成功した。80歳と言う史上最高齢での登頂は、世界的な快挙だ。偉大な冒険を無事に完遂したことに、心から拍手を送りたい。エベレスト登頂への挑戦を人類が始めたのは、1910年代の終り頃からだと言われる。…

5ドルで買える食べ物:How Much Food Can You Buy For $5 Around the World

巷では「円安」が話題になっている。少し前は100円でも「円高」と言っていたような気もする。そもそも為替レートはどのようにして決まるのか、適正な為替レートをどう判断するのか、そのあたりの解説を探してみても、腑に落ちるものは見当たらない。賛成も反…

日本はもはや安全な国ではない?:"Dangerous travel: Countries to avoid"

日本は世界でもっとも安全な国の一つ ーーーーー そんな自慢は、今やできなくなったようだ。上のチャートは、カナダ外務国際貿易省が海外渡航する国民のために提供している旅行安全度マップ。正確には、今年4月4日時点の同マップを、米CBCが記事にしたものであ…

今度、どこに座るべきか?:Musical Chairs (Choosing the Right Seat)

お客さんの接待や上司との食事では、どこに座るべきか?上座・下座ってどこ? 前職は技術者で、今は上司もいない僕にとっては、今までほとんど気にしたことがなかった。いざそういう状況になったら知識の無さが致命傷になるかもしれない。でも、どこに座るか…

優しくなる大統領の言葉:"The State of our Union is ... dumber" by The Guardian

TheGuradianのインフォグラフィクス、"The State of our Union is ... dumber"は、米国歴代大統領の一般教書演説の言葉の「難しさ」を、"フレッシュ・キンケイド読みやすさ試験(Flesch-Kincaid Readability Test)"(*)によって評価したものだ。点数が高いほ…

核実験のタイムライン:Nuclear Explosions 1945-1998 by 橋本公

橋本公(はしもといさお)氏の作品、"Nuclear Explosions 1945-1998"は、1945年から1998年の間に世界で行われた核実験(広島・長崎を含む)をアニメーションで可視化したものだ。データの出典は、スウェーデン国防研究所とストックホルム平和研究機構による…

自分で作るビジュアルなライフログ:Knock Knock My Life In Graphs

Amazonで面白そうな本を見つけた。 "Knock Knock My Life In Graphs A Guided Journal"と言う名前のジャーナルだ。自分で書き込むジャーナル形式の本は多く出ているが、これは、すべてのページが空白のチャートやグラフになっていて、書き込んでいくと、自分…

銃に殺された人々:U.S. Gun Murders in 2010

Periscopicによるインフォグラフィック"U.S. Gun Murders in 2010"は、米国で2010年の1年間に、銃によって命を失った9595人を可視化したものだ。 黄色/オレンジのラインは各人が生きていた期間を、灰色のラインは、もし銃によって死ななければどこまで生き…

世界の億万長者を知る:Bloomeberg "Billionaires"

世界にはとてつもない金持ちがいる。何人かの名前は知っていても、正直言って実感はない。「金持ち度」のレベルが実感ができないのだ。こういうのもインフォグラフィクスを使えば、多少身近に感じられるだろうか。ブルームバーグによる、"Billionaires"は、…

レ・ミゼラブルを可視化する:Project 'Novel View'

巷では、映画「レ・ミゼラブル」の評価が高いようだが、このインフォグラフィクスも注目をあびるだろうか?プロジェクト"Novel View"による、小説「レ・ミゼラブル」を可視化したインフォグラフィクスだ。例えば上のチャートは、登場人物が小説のどこにどれ…

インフォグラフィックな百科事典:Brockhaus Encyclopedia

独Brockhausの、インフォグラフィクスをふんだんに使った百科事典が素晴らしい。デザインを担当したoberhaeuserのサイトのコメントには、 世界でもっとも高い山と勾配、世界の言語、地球に接近する彗星、世界の海洋、エコロジー、メディアの進化などの統計や…

データジャーナリズムとデータの可視化:David McCandless's TED talk

可視化とは、私たちが気がついていないものを見せてくれる方法だ。その重要な適用分野のひとつが、ジャーナリズムの世界だろう。データ・ジャーナリズムと可視化の組み合わせは、世界に対する認識を大きく変える予感がする。ジャーナリストであるデビッド・…

日本の「危うさ」を見る:OECD統計・各国政府の財政赤字

新政権の経済政策へに期待する声が大きくなってきた。年末から円安・株高が続き、株式市場は沸き立っている。 大規模な金融緩和と公共投資によるデフレ脱却。耳障りの良い言葉だ。一国民として大いに期待したい気持ちはある。しかし、その一方で、何か「一抹…

2013年の抱負

2013年がやってきた。 昨年は、世の中に様々な変化の「きざし」が見えてきた年だったと思う。今年は、それらの「きざし」を具体的な形にしていく年になるだろう。世の中を動かすのはやはり人であり、あらゆる人があらゆる場所で、前向きに取り組むことが大事…

ニュースをビジュアルに伝える通信社:Graphic News

米国の全国紙、USA Todayの各セクションのトップページには小さなインフォグラフィクスが載っている。漫画風のイラストでデータをわかりやすく表現したコーナーは、英語に苦労していた駐在時代の良い教材でもあった。僕がインフォグラフィクスに興味を持った…

原子力発電が増えると社会はどうなるのか:Data-mining with OECD Database

政治家は、原子力発電を停めると経済は大変なことになる、と言う。電力会社は、原発が再稼働しなければ電気料金を値上げするしかない、と言う。でもちょっと待て。アメリカやイギリスは日本より原子力発電の割合が低いし、さらに原子力発電の比率が低い国も…

衆院選を可視化する:小選挙区勢力図

昨日、衆議院議員の選挙速報を見ながら上の図を作ってみた。全国の小選挙区当選者を政党別に可視化した図だ。今回は可視化に頼る必要もなく、日本を代表する保守政党の圧勝だった。予想はされていたとは言え、ここまで圧倒的な議席数を獲得するとは意外であ…

ローリング・ストーンズ50年の「軌跡」:50 Years of concerts of the Rolling Stones

今年、結成50周年を迎えた、ローリング・ストーンズ。50年間同じバンドを続けてきたこともすごいが、もっとすごいのは、今だにライブ(コンサート)を行なっていることだ。しかも、最近、より精力的にコンサート・ツアーを展開している。 その、ロックの…

街中の人の歩行を可視化する:City of Melbourne, 24PM

街を作っているのは人である。人をヒトたらしめているのは「歩く」ことだ。であれば、街の姿を見ようと思えば、人の歩行を見れば良い。 そんな論理展開かどうかはわからないが、オーストラリアのメルボルンでは市街にセンサーを設置し、歩行者の数をカウント…

過去120年間の台風を可視化する:Hurricanes Since 1981

先日ニューヨークを襲ったハリケーンは、連日ニュースで報じられた。そのめったにない自然災害を予感していたかのような可視化が、英Guardian紙のデータブログにこの夏投稿されている。"Hurricanes Since 1891(1891年以降のハリケーン)"だ。米国海洋大気局…

データの視覚化とインフォグラフィクス

「ニューヨークタイムズ日曜版一部に掲載されている情報量は、ルネサンス時代に一人の人間が一生かけて出会う情報量より多い。」(Richard Saul Wurman “Information Anxiety”) Googleが把握しているURLリンクの数は1兆個を越えた。(Google公式ブログ 200…

100年間の映画史ポスター

アメリカ映画通ならきっと欲しくなるポスター。それが、"The History of Film"だ。 「映画の歴史」と言う名前のとおり、1910年代の映画黎明期から現在まで100年間にわたり、2000を超える映画の題名を20のジャンルにわけてプロットしたものだ。ピックアップさ…

おしっこダイアグラム:Urine Wheel by Ullrich Pinder, 1506

健康診断では定番の検尿。様々な成分が含まれる尿が健康状態のバロメータであることは、かなり昔から知られていたようだ。 上の円環図は1506年、Ullrich Pinderによって描かれたもの。その目的は、おしっこの色、匂い、味から、病気を診断すること。正真正銘…

可視化手法の周期表:Periodic Table of Visualization Methods

可視化の手法をまとめたものはあまたあれど、これはなかなかユニークだ。"Periodic Table of Visualization Methods(可視化手法の周期表)"なるインタラクティブコンテンツ、一件普通の周期表に見えるが、よく見るとひとつひとつの「元素」は、可視化手法を…

ノーベル賞の秘密:The Secret Fomula To Win Noel Prize by BBC

山中教授のノーベル医学・生理学賞受賞は、日本にとってひさしぶりの明るいニュースだ。iPS細胞という世紀の発見、発見から受賞までの早さ、山中教授の若さ、どれをとっても普通のノーベル賞とは違う、特別な受賞だと思う。しかし何にもまして、山中教授のか…

copyright(c) 2008-, Atsuhiko Yasuda All Rights Reserved.